看護のお仕事 評判 看護師 逆指名 非公開求人 転職 

看護のお仕事 登録


【看護のお仕事】
『看護のお仕事』は、正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格をお持ちの方の転職・復職を無料で支援するサービスです。


看護のお仕事



・全国対応
・24時間電話対応
・転職成功で、転職支援金を最大12万円一括支給
・業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数
・キャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応。無理に転職を勧めることはありません。
・地域ごとに専任のコンサルタント。地域密着型のご提案が可能







看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がかなりの数います。
女の人が多くいる仕事ですし、ストレスが多くあることもあって、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。
その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する理由という人も存在します。
大変な環境を耐えて働いてしまうと、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。
看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。
加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。
焦った状態で次の仕事に就くと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。
そのためには、自分の希望をクリアにしておきましょう。
看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、勤労条件についての要望を始めに明らかにしておきましょう。
泊まりでの勤務は荷が重い、休暇はしっかりとりたい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、要求にも個性があって当然です。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。
看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。
ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には出てこない案件も少なくありません。
ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。
できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを依頼することも可能です。
看護師でも転職回数が多いと不利に働くのかというと、そうとは限りません。
自己PRのやり方次第では、意欲が高くて経験が豊富にあるという印象を持ってもらえるかもしれません。
しかし、勤務の期間があまりにも短いと、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう場合もあるでしょう。
看護職の人がジョブチェンジするやり方は、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが多数派になってきました。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、無料ですし、時間や場所を問わず気軽に転職情報を確かめられるでしょう。
華麗なる転身のためには、リサーチが重要ですので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。
子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。
特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが良いですよね。
育児の大変なときのみ看護師をやめるという人も多くいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を有効利用できる別の職を探すことを勧めます。
ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。
看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。
とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、転職情報が多くなる時まで控えるのがよいでしょう。
実際、看護師専用の転職サイトには、祝い金を出してくれるサイトがあります。
転職をしてお金を受け取ることができるのはハッピーですよね。
しかし、祝い金を受け取るための条件を満たしていなければならないことが多いので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。
それに、お祝い金がもらえないサイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。
看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。
面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。
言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だとライバルがその分多数いると考えて、慢心することなく念入りに用意して就職面接当日を迎えましょう。
身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。


 

サイトマップ